入れ歯

その入れ歯、本当にあなたに合っていますか?

入れ歯は失った歯への治療法として最も一般的なものです。ほかの治療法に比べると入れ歯はとても安価で、治療期間も短くて済むことがメリットとして挙げられます。しかし保険適用の入れ歯の場合、安価である反面「噛む力が弱い」「フィット感が悪い」「審美性が劣る」「食べ物が美味しくない」といったデメリットもあります。

審美性や機能性、ご飯が美味しく食べられるような入れ歯となると自費診療、つまり「保険適応外」になります。使い心地はとても良いのですが、完成までに時間がかかりますし金額も高くなってしまうといったデメリットがあります。

使い心地を我慢して安価な保険適応にするか、お金も時間もかかるけど美しく使い心地も良い自費診療にするかは悩みどころでしょう。当院で患者さんそれぞれに合った入れ歯を一緒に検討しますので、悩まれた場合は東灘区の歯科「ながせデンタルクリニック」までお気軽にご相談ください。

また、入れ歯は使用年数が経過すれば徐々に形が合わなくなってきます。そのまま使用を続けると、美味しくご飯が食べられないだけでなく、体調を崩すきっかけにもなってしまいます。装着時に違和感がでるようになったらお早目にご相談ください。

自費診療と保険診療での入れ歯の違い

  自費診療 保険診療
素材 金属やシリコンなど豊富な種類の中からお選びいただけます。 レジンという歯科用のプラスチックのみになります。
使い心地 フィット感に優れ、違和感が少ないものが多いです。
金属床であれば薄く加工できるので熱伝導率も高まります。食べ物の温度が伝わりやすく、ご飯を美味しく食べられるようになります。
レジンは薄く加工することができません。床が厚くなってしまうために違和感が出てしまう場合があります。
熱伝導も良くないので食べ物が美味しく感じられないといったこともあります。
見た目 自前の歯とそん色ないくらい自然に仕上がります。 笑ったり大きく口を開けたりすると入れ歯であることがわかってしまいます。
作製の期間 選ぶ素材やその種類によって作製にはかなりの日数をいただくことになります。
修理の場合も同様に期間は長くかかることになります。
加工が容易なので約1ヶ月で作製することが可能です。
修理の場合でも短期間で行うことができます。
経済的な負担 保険適応外となりますので高価になります。
素材や種類によって値段が変わりますのでご相談ください。
保険適用のため自費診療に比べてかなり安価に抑えることができます。

当院取り扱いの入れ歯の種類

  レジン コバルト チタン ゴールド
画像
素材 ▲
合成樹脂
○
合成樹脂と金属
◎
合成樹脂と金属
◎
合成樹脂と金属
快適度 ▲
床が厚いため
○
床を薄くすることができる
○
軽くて薄い
金属の味がしない
○
床を薄くすることができる
耐久性 ▲
金属床に比べて劣る
◎
とても壊れにくい
◎
とても壊れにくい
◎
とても壊れにくい
熱の伝わりやすさ ▲
冷たい・熱いが
わかりにくい
◎
冷たい・熱いが
わかりやすい
◎
冷たい・熱いが
わかりやすい
◎
冷たい・熱いが
わかりやすい
汚れにくさ ▲ ○ ○ ○
違和感 ▲ ○ ○ ○
メリット 製作費・修理費が安価 強度があり壊れにくい 強度があり壊れにくい
生体親和性が良い
強度があり壊れにくい
生体親和性が良い
保険適用 ○ × × ×
  生体用シリコン バネ無し部分入れ歯 磁性アタッチメント
画像
素材 ○
合成樹脂の
ハードとソフト
○
合成樹脂
○
合成樹脂
金属
磁石
快適度 ○
とても柔らかく
痛くない
○
床が薄くて軽い
○
床を小さくすることができる
耐久性 ▲
変色する可能性がある
◎
とても壊れにくい
◎
とても壊れにくい
熱の伝わりやすさ ▲
冷たい・熱いが
わかりにくい
▲
冷たい・熱いが
わかりにくい
◎
冷たい・熱いが
わかりやすい
汚れにくさ ○ ○ ○
違和感 ▲ ○ ○
メリット 痛くないため
良く噛むことができる
バネがないので違和感なし
ノンアレルギー素材
バネがないので違和感なし
磁石なので義歯が外れにくい
保険適用 × × ×

ながせデンタルクリニック 診療時間・アクセスマップ NAGASE DENTAL CLINIC 診療予約番号 TEL 078-436-0246

ページトップに戻る