小児歯科・小児矯正

大切なお子さんの歯を守る小児歯科

親御さんが軽視されがちなのが「乳歯」です。「いずれ生え替わるから大丈夫」と軽視していませんか?実はその考え方はとっても危険です。

乳歯は永久歯やあごの正常な形成を促す大切な役割を持っています。成長後の顔の輪郭を整え、将来の歯を健康なものにするためには非常に重要です。しかも乳歯は虫歯になると進行がかなり早いという特徴を持っています。放っておくと、お子さんの将来を脅かす可能性もあると言えます。

東灘区の歯科「ながせデンタルクリニック」では歯医者さんが嫌いなお子さんでも安心して来院できる治療・環境づくりに取り組むとともに、虫歯の予防にも積極的です。虫歯になりにくい歯をつくるためのアドバイスやケアに注力していますので、ぜひご一緒にご来院ください。

院内にはキッズルームも設置しています

また、専門医による小児矯正も行っています。矯正は見た目の改善だけでなく、将来的な虫歯・歯周病予防にもつながります。「歯の悩みを子供に抱えさせたくない」とお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください。

乳歯の虫歯予防

6歳臼歯は虫歯になりやすい?

永久歯が生えてくるのは何歳ごろかご存知ですか? 個人差はありますが、だいたい6歳くらいから生えてきて、それを「6歳臼歯」と呼びます。歯並びの基礎になる永久歯で、噛み合わせの大黒柱となる最も大切な歯です。

とっても大切な6歳臼歯ですが、実は「虫歯になりやすい」という特徴を持っています。その理由にはいろいろなものがあります。

乳歯に比べて6歳臼歯は深い溝を持っていますので、食べかすが詰まりやすくなります。しっかり生えそろうまでは歯ぐきに覆われていますので、歯との間にさらに食べかすが詰まりやすくなります。3~4か月はその状態が続き、その間はブラッシングもうまくできません。そのため虫歯になりやすいというわけです。

お子さんの歯を守るためには予防歯科

子供の歯を守るのは親であるみなさんの仕事です。可愛いお子さんが虫歯で痛い思いをしないためにも、予防歯科の大切さを知ってください。毎日のブラッシングと歯医者さんでの定期健診を積極的に行えば「生涯虫歯ゼロ」も可能です。

予防歯科でいくつになっても健康な歯を

小児矯正

お子さんの将来のために

お子さんの将来のために

小児矯正はお子さんの成長に合わせて口腔内の管理、永久歯の誘導、あごの成長コントロールを行う治療です。歯並びや噛み合わせを治せば、見た目が綺麗になることはもちろんのこと、虫歯や歯周病予防にもつながっていきます。

歯の生え替わりの時期は、将来のお口の健康を決める大切な時期です。当院では専門医による適切で安全な小児矯正を行っています。

小児矯正はメリットがたくさん

歯の生える時期は、お子さんのあごも大きく成長していくものです。乳歯から永久歯に生え替わりきってしまうと、たとえ歯並びや噛み合わせが悪くてもあごの骨の形は決まってしまいます。成長しきってからですと完成してしまった骨の中で歯を無理やり移動させることになりデメリットがとても多くなります。

矯正治療をするならば、歯が生えてくる頃からあごが成長しきるまでが最も有効で安全といえます。成人してからに比べると小児矯正には以下のようなメリットがあります。

  • 小児矯正のメリット
  • ほとんど痛みがない
  • 簡単に取り外しできる器具を使用することが多い
  • あごの骨を自然で正常な形にできる
  • 永久歯を抜くリスクが非常に少ない

お子さんの将来のためにも、メリットの多い小児矯正をご検討ください。

キッズとプレママのための歯っぴーサロン

0歳から始める、
“虫歯ゼロときれいな歯並びを作るための習慣”

キッズとプレママのための歯っぴーサロン

対象
乳幼児のお子様をお持ちのお母さん
(妊婦さんも大歓迎、お子様の同伴OKです。)
※少人数制
費用
無料
キッズはみがき教室

“6才臼歯のハミガキ”

※不定期開催

キッズはみがき教室

対象
年長~小学1、2年生
費用
無料

ながせデンタルクリニック 診療時間・アクセスマップ NAGASE DENTAL CLINIC 診療予約番号 TEL 078-436-0246

ページトップに戻る